« 胸郭出口症候群? | トップページ | HANDの話 »

注射の話

日にちが前後しますが、私が打ってる注射について。
腱鞘炎が酷い時や、痛くて仕事に支障をきたしてる~って時は
ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)を打ってもらう。
以前別の病院で打ってもらっていたのはリンデロンという薬剤で、
これは水溶性なのですぐに体から出て行ってしまうらしい。
今回打ってもらったのはデポメドロール。持続性ステロイド剤といって、
一度入れると体内に留まり何ヶ月も効く、という情報をネット上で仕入れた。
その代わり副作用も強いらしい。今回は1年ぶりに
打ってもらった。主治医もあまり使いたがらないが、1年ぶりということと
後ちょっとやのに仕上られへん…(涙)ということですんなり打ってくれた。
私の仕事のことをよく理解してくださる。
この薬剤は、注入後1日くらいは腫れて痛みます。
腱鞘炎が悪化したのかと思うほど。でも痛み方が違うし、翌日くらいから退いてスッキリする。
医師いわく「よく恨まれるんよ(笑)」
↑それはあなたのせつめいぶそく。
ちなみにステロイド剤の注射はキシロカインという麻酔剤と
混ぜて注入します。なぜか。(2003/4/6)

|

« 胸郭出口症候群? | トップページ | HANDの話 »

治療ネタ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 注射の話:

« 胸郭出口症候群? | トップページ | HANDの話 »