« パーキンソン病 | トップページ | 上腕骨外側上顆炎(テニス肘) »

自家製CMバンド バージョン2

Cmband CM関節と言うのは親指の3番目の関節で、私はココの靭帯が緩く関節がグラグラしている(らしい)。その影響で関節自体も炎症するし周辺の腱や関節にも負担がかかるので、ココを安定させる装具を何度か作ってもらったことがある。
そして最近テーピングからヒントを得て自分で作ったのが自家製CMバンド。硬い素材でなくゴムというのがみそなのです。
こないだの定期点検で先生に見せたら色々アドバイスしてくれて、仰せの通り接着するところをくっつけてみたらなかなかいい案配。
やっぱり素人は理屈分からずにやってるからプロのアドバイスは必要です。でもってこれデケルバンにも理にかなっているそうです。試しに手首でもう1周回るようにしたら手関節も安定して気持ちいいです。
だけどねー、素材だねやっぱ。これはスウェットのウエストなんかに使うゴム。視覚的にみすぼらしいのも困るが表面が布なので不衛生なのが最大の問題。
台所仕事で使いたいのに洗えないから食材に触れない。食材が不潔になってもいけないし生の肉とか魚に触ってもよろしくない。しょっちゅう洗ったらすぐ伸び伸びになる。
こっちもねえ…必要なものがなけりゃ自分で作ればって頭はあるけど、素材となると考えることじゃなくて知る以外に方法はないなあ。化学に関する知識は皆無で「自分で探します」と言ったものの探せん…。それが出来るくらいなら特許取れるよなぁ(涙)

それにしてもクレイからせんねん灸、最近行き始めた鍼灸整骨院、自家製CMバンド…私が何か言い出す度に「出たぞっ」って顔で話を聞いてくれる主治医はすごいです。ココだけの話(?)ペンタブレットのペンや漫画で使うカブラペンみたいな異業種の道具まで経験済み。
何がすごいって、個人的にはどういう人なのかってよく知らないんだけど、私の言う事っていつもお医者さんとしてこれまで経験して来たことや専門書に載ってることとは全然別のことなのに、気持ちが拒否反応を起こさずに受容出来るってことがすごいと思う。
青2才ならいざしれず、人間経験を積むとだんだん自分の引き出しに満足してしまって初めて聞くことや見るものに興味を持てなくなって行く。他人の話に共感できなくなり、年齢的に人を引っ張って行く立場になれば責任もあって守りに入りがち。将来的には誰もがそういう風になるのかもしれないが、出来ることなら彼にはいつまでも、多少オトナ気なくてもいいから経験やマニュアルに頼らない“感じた言葉”でしゃべって欲しい(笑)。口は悪くても信用できる。

|

« パーキンソン病 | トップページ | 上腕骨外側上顆炎(テニス肘) »

CM関節症」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自家製CMバンド バージョン2:

« パーキンソン病 | トップページ | 上腕骨外側上顆炎(テニス肘) »