« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

好き嫌い

特に偏食なく何でも食べれるんですが、好みという意味ではやはり優劣はあります。不思議なのは、味とは別に、妙に食べて嬉しくなるものとならないもの、果ては辛くなるものがあるんだよね

・美味しいと感じ食べるといかにもエンドルフィンが出るもの…肉、うどん、レンコン、浅漬、シソ、山椒、切干し大根、ラーメンのスープなど。
・美味しいとは感じるのに何の感動もないもの…魚、果物。
・美味しくも感動もないけどとりあえず食べれるもの…納豆。
・非常に食べるのが辛くストレスになり、体が緊張するもの…酸っぱいもの、果汁のジュース、魚の干物。

って人の好みなんてどうでもいいでしょうか?も少しガマンね。
私、食べ物の好き嫌いにはそれなりの根拠があると感じているんです。
貧血・低血圧・冷え性…を常に抱えているんだけど、貧血には肉がいい、低血圧はカリウムがよくない、冷え性には冷たいものがよくないですよね。
なんだか私の好みは徹底的にカリウムと冷たいものを排除するようにできてるんです。
例えば冷たいもの、甘い液体、酸っぱいものは1生食べなくてもいい。スウィーツも生菓子より焼き菓子の方が好きで、新鮮な果物よりドライフルーツが好き。ヨーグルトよりチーズの方が好き。
これ色々調べて行くとかなり自分の体の要求だってことが判って来た。

果物はカリウムが多い上に、普通冷たいのを食べる。
カリウムは水に溶けやすいのでジュースを絞るとそのジュースはカリウムたっぷり。
野菜は大好きなんだけどこれもカリウムが多い。でも旨くできてるんだよ。生で食べる時は塩で和えてシンナリしたものが好き。加熱しても水が出る。水にカリウムが出ていっちゃうからいい。
野菜のエキスがいっぱい出たスープはカリウムたっぷりだけど、これは塩分入れるからいいのかも。
酸っぱいものも冷え性によくないらしい。水分の取り過ぎもね。
魚の干物がどうして辛いのかは今の所分からんが、何か自分の体に不利なものが含まれているに違いない!(笑)

こんなこと思うに至ったのは、3月に風邪をひいて少し熱が出たとき食べたいと思ったもの、美味しいと思ったものが、見事に普段興味を持たないものばかりだったからなのです。チョコレートムースケーキ、新鮮なはっさく、ヨーグルト、ポカリスエット…甘くて冷たいものばかり。逆に肉魚は全然NG。でもって2日後熱が下がったらいつもの好みに戻ってました。
食べたいものって、その時の自分の体が欲しているものだと思っていいんだと思う。
毎日献立を考えるとき今日は何食べたいかなって自分でイメージするんだけど、そういうのも日によって違う自分の体調を映し出しているんじゃないでしょうか。
年齢に応じて好きな食べ物が変わってきたり体動かす人は塩辛い物、頭使う人は甘い物…とか。自然の1部としてそれくらいの野生は人間だって持ってるんじゃないかな。猫が肉食のくせに草を食べたり、草食動物が洞窟で塩舐めるのと同じように。
もちろん「バランスよく食べないといけない」というのは正しいと思うけど、ベストなバランスは個人によって違うんだよ。
人に「これが身体にいいんだから食べなさい」というのは考えものかも。テレビの健康番組を信用し過ぎる勿。
私が作ってる食事もダンナのその日の体にはマッチしてないかもね・・・(汗)。まぁ嫌いな物を大量に食べなければ影響はないと思う。
余談だけど彼はおはぎを食べると体が熱くなるんだって。私には想像出来ないんだけど、これも私とは違う糖分の代謝の仕方をするんだろうと思う。
一見うそ~と思うようなものでも、もし本人がそれを食べて幸せそうだったらそれはその人に必要な食材なのかもね^^

でもそれには色んな食材や味をインプットしてからですけどね。

| | コメント (0)

Dr.N のささやかな日常

お久しぶりです!
某デパ地下のお肉売り場の女の子が可愛いと萌えてるおやじ桜です。
最近エストロゲンが減ってきたぁ~っ!!と定期点検でカミングアウトしたら

固まってました…主治医。。。。

最近思うんですけど
お医者さんて
あんな仕事してて(してるからか?)

意外とロマンチストだったり。

(あんな、とは感傷や夢想の入る余地の無い、リアルな世界ということ)

例えばね。ドクターが

「○○って坂ばっかりなんよ。」

と言いました。
○○というのはドクターの自宅のある地名です。(閑静な住宅街、小高い丘)
なんでそんな話になったんだっけ?
ああ、車通勤が腰に悪いって話でした。

医「うち、一番高いところでね、景色いいんよ。
梅田の高層ビルとか見えんねん(*^^)v」
←なにげに自慢

桜「それはすごいですね。いいじゃないですか」
(私の実家は淡路島が見える。カンケイないが)

医「でね、風呂を2階に作ったんよ

(゜∀゜?)

風呂っすか?

医「景色見ながら風呂入ったら、ごっつー気持ちええやろなぁ思て。
全面ガラス張りにしたんよ

(:゜∀゜:)

それはもしや
山間の別荘や、隠れ家で、紅葉や星空を見ながら
みたいな?

おーこうやって景色見ながら一杯やったら気持ちええやろうなあ
みたいな?

ああもう、その瞬間から桜の脳裏には
住宅街の暗闇に浮かんだ明かりの灯る窓越しに
湯舟に漬かって一杯やってる白衣を着たドクターの姿が・・・・(なぜに白衣)

あかーん、あかんて。丸見えやんかーっ!!( l|l゚ Д ゚ )
(でも電気点けたらガラスに映って外は見えません)

僭越ながらそう申しますと、ドクターは

「そう。それで

何考えてんのー!!(たぶん奥方様の叫び) 

てなって

ガッシャーン!(たぶんブラインドが降ろされて夢が断たれた音)

さすが大阪の子です。
ちゃんとオチが用意されてました。

桜「・・・・・・自分が入るときだけ開けたらどうです?」

医「うん。でも、ガラス曇るねん

………_| ̄|○l|l

ここが診察室じゃなかったら
あなたが先生じゃなかったら
間違いなくツッコミ入れてたところです…。

その後もしばらく
ドクターの漫談は続きました。


「風呂2階に作ると(値段が)高うなるねん。
防水とか、床下げたり。
何のためにしたんやら」

「駐車場はクラウン2台入る大きさって条件出してん。
図面の上では、模型の車が入っててん。
実際も入ってん。

ドア開けへんっ!

………。

楽しい人です。
でもつっこまれるのは苦手なので患者のブログでネタになってる、なんてことは内緒。

診察210円、医師の漫談付き。
あなたも如何ですか?
(てゆーか何しに行ってるんですか、私は。)

| | コメント (4)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »