« 腱鞘炎の赤ちゃん | トップページ | ケナコルトその後 »

病院の個性

1年前N先生が移った病院は、先生は少し遠くなったと思うが
私は通院時間が半分くらいになった。(直線距離では変わらんが電車が…)
私のために近くへ来てくれてありがと~!なんて言ってましたが(…冗談だってば)。
でも、もっと近いのは実家の両親だったりする。
いい加減年寄りなので行く行くはお世話になるかもしれないと思った。
タクシーに揺られるのも苦にならない距離だ。
個人病院だが、整形以外にも内科・外科・心臓血管科(循環器科と心臓血管外科を併せたようなところ)と、老人に縁がありがちな科が備わっている。
世の中には星の数ほど病院・医院がある。
その中から健康に不安を抱えた時に拠り所となる病院を見つけるのは意外と大変だ。
行くまでわからないし、行ってもわからない。
今の病院は院長の志が高いと聞いている。N先生はとても誠実な医療人なので
その人がそう言うんだからそうなんだろう。
組織の個性はトップの考え方で決まる。何事も理想通りには行かなくても
目指さなければ近づくこともない。

で案の定、1年も経たないうちに両親はそれぞれあの病院の診察券を手にすることに。
両親がかかって初めて、個人病院の割に検査機器が充実してることを知った。
(いつも整形と頭痛で先生と面談してるだけなので)
高度な検査も市民病院などの大きな総合病院に紹介状を書いて回すことなく
院内で、しかもその日のうちに結果がわかる。
たらい回しに合わず、スピーディーに、予約待ちもなく、次のステップに移れるというのは病気を抱えた患者にとってありがたい負担軽減だ。
紹介→予約→検査→予約→検査結果…のプロセスには1ヶ月以上要することもある。
これまで何度もそういう経験をして来た老人2人は、何よりそれを言っていた。
主治医の話では、院長先生は人の話によく耳を傾ける人だそうで
スタッフの理想が少しづつ形になってるのかもしれない。
その代わり!と言ってはなんだが、医療機器以外のハードは遅れてる。
事務はアナログ、会計は遅い、やたら色々紙を渡される、冷暖房装置は古い…等々。
資金力が劣る中、医療の充実が優先されてるんだろうと思う。
組織の個性はトップの考え方で決まる。
みなさんも「病院ってこんなもんか」とか、簡単に結論を出さないでくださいね。
それはそうと手術室はもうちょっと増やしてあげて欲しい。余計なお世話だが(笑)

|

« 腱鞘炎の赤ちゃん | トップページ | ケナコルトその後 »

医師・病院」カテゴリの記事

コメント

それは所謂地域連携という考え方に基づくものなのでしょうかね?
でも、咄嗟のそういう反応をうかがうと嬉しいですね。
そういうのは日頃の空気と言うか、考え方というか習慣と言うか…そこにおられる方々の意識を垣間見るエピソードです。
でも、あそこの事務員は大体いつも無表情ですよ(笑)

あの絵はかっこいいですね。誰かの寄贈でしょうか?
内装も院長先生のこだわりを感じます。
扉の開け閉めの音がうるさいのが玉に傷ですが…。

投稿: kaori | 2008年8月 4日 (月) 21時50分

お断り 誤って「ケナコルトその後」にコメントを投稿しました。管理人様削除おねがいします。
さて、お話の病院でお世話になっているものです。
エピソードを一つご紹介します。
鼻血が如何しても止まらなくて、でも件の病院に行かなければならず(定期の注射のため)、しかし件の病院に耳鼻科はない。鼻血は数日間断続的に続いておりやがて止まることも経験上熟知していた。
で、鼻出血の状態で注射を射ちにいったらば病院のスタッフがありとあらゆる所と思えるほど片っ端から鼻血の治療のできる医療機関を探してくださった。いいえ、頼んではいないんですよ。救急病院としてほっとけないその使命感からなんでしょう。結果は受け入れてくれる病院は見付りませんでした。でも鼻血もそのうちに止まり、後日掛かり付けの病院で治療を受けました。
数日後定期の注射を射ちに行きました。スタッフがまったく普通なんですね。電話をかけまくってくださった事務職の方も、顔を見ても何も言いませんで、患者に全く気を使わせない、その態度が一貫しているなあ~とね。そんな一面もある病院です。
余談ですが、壁に掛かっている絵画の趣味もいいと思っています。

投稿: RA | 2008年8月 3日 (日) 05時25分

東京の治療院ですね。
私はとても行けそうにありませんが
お近くの方はお試しされるのもよろしいかと。
情報ありがとうございました。

投稿: kaori | 2008年7月 3日 (木) 09時53分

私もたびたび腕の腱鞘炎に悩まされています。要は血行が悪いのですね。水泳がいいと思ってやれば冷えるのがよくないみたいで悪化。ゴルフをやると痛くてしょうがない。結局使わないのが一番です。でも腕はそうも行きません。
いつも腱鞘炎になるとここに行って治療しています。週2から3回通うと1月くらいでとってもよくなります。
http://www.genkisalon.jp/
一度行ってみてください。紹介です。というと一回はお試し無料です。是非!!

投稿: おわちゆき | 2008年7月 2日 (水) 10時33分

この記事へのコメントは終了しました。

« 腱鞘炎の赤ちゃん | トップページ | ケナコルトその後 »