« ステロイドの前に | トップページ | 主治医という言葉 »

マクドと病院

 8月の定期点検に行きました。あそこの近くにはあまりめぼしい飲食店がなくて、お昼ご飯を食べて帰りたい時はよく天一(天下一品)を利用します。天一はどこで食べても同じ味です。マクドや吉野家も、ファミマのおにぎりも、ローソンのとろろそばも。って書いてたらずっと前、東京の友達が関西に遊びに来てマクドに入ったとき、「美味しい♪東京のマクドナルドと変わんない」って目を輝かせてたのを思い出した(笑)

 ……私が以前病院に持ってたイメージはチェーン店の外食産業そのものでした。

 病院という看板が出ている大きな建物の中には白い長い制服を着た人がいて、チーズバーガーが欲しければチーズバーガー科、ビッグマックが欲しければビッグマック科へ行けば全国どこの病院でも、お医者さんが誰でも、同じ結果が出るもんだとそんなイメージです。診療科がさらにお医者さん個人の専門に分かれていて、それは表には出てないのに人それぞれの興味と関心で治療のベクトルが変わっていくなんて、知らなかった。よく小さい病院・医院で看板にいろ~んな科名書いてあって「こんなに診れるのか」って首傾げることはあったけど、標榜する診療科名は自分で好きな科名を勝手に挙げていいなんてことも知らなかったし。でもそんな人多くないですか?あたしだけじゃないと思うんだけど?

 飲食店にはチェーン店もあれば、個人の中華料理屋もあり、商店街で長く愛されている定食屋だったり、繁華街に登場したおしゃれなカフェだったり、誰も省みない古い喫茶店だったり。オーナーの考え方で店のコンセプトが決まりシェフの腕で味が決まり、客の舌で好みが別れる…病院もそんなものだと今では理解しました。
 ファーストフード店やコンビニでちゃっちゃと買い物するように、ふらっと寄ってカウンター越しに診療を買っていくような患者の態度を「ドクターショッピング」と、医者業界では呼ぶようです。20年ぐらい前の家庭用の医療本にそんな言葉が載ってました。主治医がよく、お仕事を飲食店に喩えます。病院に行って出逢う白い長い制服の人は、¥0のスマイルを振り撒き、研修で教えられた通りの文言で応対する赤とか紺色の制服の人とは違う。そのことを知る前の私は、確かにドクターショッピングしてました…多分。給料から健康保険が差し引かれるので、病院に行かないと損な気がして、あはは。 

|

« ステロイドの前に | トップページ | 主治医という言葉 »

医師・病院」カテゴリの記事

コメント

誰が原稿料を払ってくれるかというのは
もっと川下のことを言えば、
無名の漫画家の腱鞘炎エッセイ漫画を
誰が金を出して買って読むか?
という部分ですね。
採算が取れると分かれば誰かがやるかもしれませんが。
何はともあれ腱鞘炎エッセイ漫画がおもしろいか?
って所に根本的な課題があるような…(笑)

「こういうテーマで描きたい」は言えますが
発表する雑誌の顧客=読者が好きかどうかによります。

投稿: kaori | 2008年9月27日 (土) 20時24分

MORO.S.@岡山・日常生活にはとくに不自由はないの
ですが・です。

自己流マッサージの効果は、はっきり言って自分で
もよくわからないですね。単なる気休めでしかない
かもしれません。そうであったとしても、何かをし
ないではいられない、みたいな。

「腱鞘炎漫画」の原稿料は、やはりまず出版社に先
行投資として払ってもらい、やがては全国百万人の
読者がちょびっとずつ(出版社の利益も含めて)支
払うことになるのではないでしょうか。甘い?

私にはもちろんわからない世界でありますが、
「こういうテーマで描きたい」
と、漫画家さんのほうから編集部に持ちかけたりす
ることはないのですかね。よほどの売れっ子になれ
ば、ということなのかな。

投稿: MORO.S.@岡山 | 2008年9月26日 (金) 21時22分

野球肘というやつですかね?
桑田や佐々木が手術したのは、先生の解説によると
使い過ぎで肘の内側の骨が出っ張ってきて神経を圧迫するので
神経をずらして場所を変えるのだそうですよ。
「あんなん日本でやったほうが絶対上手い」って言ってました。
野球選手よくアメリカでやるから(笑)

マッサージは効果ありますか?
無理しないでくださいね。

腱鞘炎漫画…ありがちではないですが
誰が原稿料を払ってくれるんでしょ~???

投稿: kaori | 2008年9月24日 (水) 18時42分

MORO.S.@岡山・星飛雄馬の故障はひじの腱鞘炎であっ
たか・です。

私の左手親指、自己流のマッサージを工夫しています。
やり方は、右手の親指・人差し指でマルを作り、中に
左手親指を差し込んで根元をギュッと握ります。その
状態で左手親指をずるずるずるっと引き出します。根
元から指先に向けてのマッサージ。

これを30回ぐらい続けると摩擦熱が生じるので、保冷
剤に押しつけてジュッと冷やします。
(まさか「ジュッ」とまでは行きませんが。)

いくらかは外に反りやすくなるような感じがします。
無理して反らすとまだ痛みが来ます。

無理してはいけないのでしょうね。

漫画の原案としてですが、
「腱鞘炎闘病記---漫画家残酷物語」
というのはどうでしょうか。同病者と漫画家志望者を
ターゲットに、Web連動型・同時進行漫画という触れ込
みでね。これならネタは無尽蔵でしょう。

もしかすると、世界初の本格的腱鞘炎漫画になるかも。
まあしかし、ありがちな企画ですかね。

投稿: MORO.S.@岡山 | 2008年9月22日 (月) 19時23分

いやまぁ…そこまでご理解いただいてお読みいただく分には
文句はございませんが…( ̄Д ̄;;
はい、いかにも、その通りで
「買ってしまったらもうこっちのもの」なのです。
商品として世に出てしまったものが、どこで誰の目に触れようが
どこまでが著者自身の妄想と思われようが
これが現代女性の平均だなどと大いなる誤解を与えてしまっても
…てか、違いますからね。そんな人ばっかりじゃないですからね。
間違った研究結果を導かないでくださいね(笑)
でも、何はともあれお買い上げいただきありがとうございました

野茂が本当に養成ギブスつけてトレーニングしてたら
故障してメジャー行けなかったでしょう。
スポ根は腱鞘炎の敵ですね。目指せぐーたらっ!これこそが腱鞘炎予防の近道です

投稿: kaori | 2008年9月21日 (日) 11時29分

MORO.S.@岡山・「読まないで」と言われても・・・です。

私にとっては、近ごろの若い女性がどんな「妄想」に
ふけっているのかを研究する素材になるわけですね。
そんなことを研究してどうなるのかはさておき。
あるいは、知らないほうが身のためかもしれないとい
うこともさておき。

まあ、よろしいではありませんか。何を見ても驚か
ないという心の準備をしてページを開きますから。
どんな「妄想」であろうと、それは、「読者のニー
ズ」に応えるというプロの漫画家としての仕事なの
であって、桜さん自身の「妄想」とは思いませんか
ら。

想定される読み手ではないとしても、やはり、買っ
てしまったらもうこっちのものですやん。ねえ?

あれこれまとめて発注したので届くのにしばらく時間
がかかりそうです。

星飛雄馬の「大リーグボール養成ギブス」、あれを
どれほど多くの子どもが真似したことか。大リーグ
で通用するピッチャーを育てるということが、日本
人の「夢」であった時代ですわ。やっぱり野茂は偉
いですね。

投稿: MORO.S.@岡山 | 2008年9月20日 (土) 10時51分

ええっ!?(・_・;) 単行本をですかっ?!
……いえ、すごーく嬉しいんですけど、
お気遣いありがとうございますなんですけど
わあ~~読まないでくださいっ!!
だってまあ雑誌の読者のニーズもあって、ものすごい妄想系だし(汗)
エッチだし…(汗)
とても大人の男性が読むに耐えうるシロモノでは…。
自分の最初の3本のコミックスはもう少し
普通に読めるものなのですが、そういうのは売れなくて
どこも在庫ない感じでして。

「じゃりん子チエ」は何度も何度もアニメで見てますね。
いつの時代のマンガなのか正確なところはわからないですが。
「巨人の星」はそうですね、ちゃぶだいとあとは
物陰から見守るお姉さんと、ナントカ養成ギブス…?
"ある人"…朝の番組のキャスターO氏がそんなこと言ってました。

投稿: kaori | 2008年9月19日 (金) 21時30分

MORO.S.@岡山・「不健康」ネタから脱線しまくり・
です。

ふむ、「宇宙飛行士になりたい」というのと同じレ
ベルで「漫画家になりたい」人となると、百万単位
に届くのではなかろうかと思うのですが、このごろ
ではそうでもないですかね。

ともかく、「自分ができたんだから」というお言葉
には、かなりの謙遜がこもっているものと受け取っ
ておきます。大したものだと思っていますので。

「巨人の星」のギャグといえば、何といっても「チャ
ブ台返し」ですかね。

ある人が言っていたところでは、あの漫画の中で、
「チャブ台返し」なんて場面は一度しかない、あの
時代の日本人がそんな風に食べ物を粗末に扱える
はずがない、と。妙な受け方をしたものだということ
でしょうか。

「キャンディ・キャンディ」はテレビアニメもあり
ましたかね。あったような気がします。

「じゃりんこチエ」なんて、ご存じありません?
「はああ、うちは日本一不幸な少女やぁ・・・」
という名セリフの。

ところで、腱鞘炎情報へのささやかなお礼と応援の
つもりで、桜さんの作品3点、発注いたしました。
古本じゃありませんよ! ネット通販ならおじさん
でも店員さんと顔を合わさずに購入できます。

意外と、と言っては失礼かもしれませんが、大手の
版元から出されているのですね。届いたら読ませて
もらいます。
 

投稿: MORO.S.@岡山 | 2008年9月18日 (木) 20時05分

なりたいって人は何万人もいるのかもしれませんね。
でもそういうのは「宇宙飛行士になりたい」とかのレベルで
実際目指す人はもっと少ないんだと思います。
その中から作品を発表(=デビュー)することは、そんなに難しいことではないと思うんですよね。
自分ができたんだから(^^ゞ
そこから売れるのが、ものすごいハードルです……(涙)(涙)(涙)

「巨人の星」はよくギャグで見ました(笑)
火の鳥は子供のとき家にありました。今も古本屋で買った文庫本があります。
私もいい加減古い世代ですが少女マンガ系なので。(キャンディ・キャンディとか・笑)

投稿: kaori | 2008年9月17日 (水) 18時57分

MORO.S.@岡山・ぐはあッ、甘かったかあ・です。

漫画業界のことは何も知りませんです、はい。
私の想像では、漫画家さんの収入は、
(1)完成原稿1ページ当たり○円という出来高。
(2)単行本の印税○%。
というのが基本だろうと思うのですが、合っていま
すか? さらには、
(3)ドラマ化・映画化となれば著作権料がガッポ
リ。でも、これは漫画家さんの「夢」かな。

漫画家志望の若い人たちというのは、全国レベルで
見れば数万とか数十万人という規模でいるのでしょ
うね。自分の作品をとにもかくにも世に出すことが
できる人は、やはり一握りという感じでしょうか。

私にとって懐かしい漫画といえば、、、「巨人の星」
あたりかな。今、手元にある漫画本となると、「火
の鳥」が何冊かと、「カムイ伝」ぐらい。
桜さんにとっては、「それ、何?」てなものでしょう
ね。

投稿: MORO.S.@岡山 | 2008年9月16日 (火) 19時49分

甘いっ!アシスタントのギャラは全額作家持ちです(笑)
私のように時間は有り余り(仕事が少ない)、体力が足らないってことになると
暇なのにアシスタントを雇うってのがどういうことか
お解りいただけますよねえ(涙)(涙)(涙)

バネ指は再発しますが、一番治りやすい腱鞘炎でもあります。
経験的に、右親指のこれは結果的に1本の注射も打たずに4~5年がかりで完治しました。
手首などは再発という言い方も似合わぬほど治ったという実感が
まったくありません。
もっと大変なのは肘で…という感じで
上へいくほど厄介になります。

投稿: kaori | 2008年9月15日 (月) 20時38分

MORO.S.@岡山・アシスタントさんの賃金は出版社
が負担してくれるのだろうと想像しています・です。

なるほど、「エア・ギター」で「エア・運指」ですか。
スローテンポの曲をね。それはよさそうに思い
ます。試してみるとしましょう。

再発しやすいというのも困りますが、ともかくも今
の症状が治まってもらいたいものです。もうじき3
ヵ月、確かにマシにはなってきたという自覚はあり
ますけどね。

私の身近には、腱鞘炎の先輩(?)もプロの漫画家
さんもいないもので、過去記事も含めていろいろお
話を聞かせてもらえると参考になります。手や骨の
仕組みを説明するイラストなんて、まさに「お手の
もの」というところですね。

投稿: MORO.S.@岡山 | 2008年9月13日 (土) 22時56分

初対面のアシスタントさん(当時21歳)に、
猫のトイレに猫砂を補給してくれるように頼んだときのこと。
「ごめんね。来て最初のお仕事がこんなんで」
と言ったら
(手が痛くて砂の袋を持ち上げられなかったのです)
「いえ、全然。」
字で書くと疑う余地なく肯定なんですけど
耳で聞いた一瞬は拒絶された気になった辺りが年齢ですね(笑)
「なんでも言ってください」という言葉が続くのを聞いてやっと
感情的に肯定として入ってきました(^^ゞ

典型的なバネ指ですね。再発しやすいですよ。
長く休んで再開すると色々他のところにトラブルが出ます。
松井選手が手の骨折のあと怪我が絶えないのもそのせいでないかと。
私が思うに療養中は「エア・運指」をゆっくりされるといいんじゃないかしら。
患部をあんまり動かすと擦れてよくないですけど。

投稿: kaori | 2008年9月12日 (金) 18時12分

MORO.S.@岡山・「このラーメン、全然おいしい!」
とはやはり言えません・です。

しこりがあるのは、上から(指先から)2番目の関節
ですね。そこの内側、手のひらとの境目あたりです。
親指を曲げたとき、「コクン、コクン」と鳴る場合が
あります。ときと場合によりますけど。朝、起きたば
かりのときには、親指全体が固まっているような感じ
がします。

バネ指というものですよね。こんな言葉も初めて知り
ました。

おそるおそるでもいいから、早くギターが弾けるよう
になりたいものです。運指フォームを忘れてしまうこ
とはない(はず)ので、今はもっぱらイメージ・トレー
ニングです。


投稿: MORO.S.@岡山 | 2008年9月10日 (水) 21時03分

>症状が治まっても、おそるおそるギターを弾かね
ばならないということでしょうかね

いやーもう仰る通りです。全然恐る恐る使っちゃってくださいませ~♪
(不思議ですね。きょうびの若い子の言葉って。
この“全然”はものすごく強い肯定の意味なのですよ。)
しこりは上から2番目の関節ですか?
そこらの組織が肥厚しているのかもしれません。
曲げたとき引っかかる感じ(振動とか音とか)ないですか?

>コッテリでなかったら天一に入る意味がない

ダンナにも言われます。でも私は醤油味のラーメンが食べたくて行くので。
コッテリはコッテリでいいのですけど
「ラーメン食いてえっ」って言う衝動があるときは
醤油味のスープじゃなきゃ満足できないんですよ。
でもよその醤油ラーメンより天一のアッサリのほうが
美味しいんだもん(笑)

王将の餃子はいいですけど、あそこのラーメンは
私的にはNG、レッドカードです。
中国では水餃子が一般的で焼き餃子は古くなった餃子の食べ方なので、
進出は大きな賭けだったそうですね。

投稿: kaori | 2008年9月 9日 (火) 19時41分

MORO.S.@岡山です。レス、ありがとうございます。

>腱鞘炎はまた違って、使いすぎたら再発します。

なるほど、そういうものですか。私の左手親指の
症状が治まっても、おそるおそるギターを弾かね
ばならないということでしょうかね。今、左手親
指は内側には普通に曲がりますし、ものもつかめ
ます。外側(手の甲側)にしっかり曲がってくれ
ないと困るのですが、曲がりません。

左手親指の手のひら側付け根を指で押さえると、
コリコリした小さな「しこり」が見つかりました。
たぶん、これがそうなのかな。右手親指の同じ個
所には異状ありません。

私は天一ではコッテリですね。そうでなかったら
天一に入る意味がない(?)ような。

京都発祥の全国ブランド(?)に、「王将」もあ
りますね。中国にも進出していて、
「日本最有名的中華飯店」
と看板を出しています。大連の「王将」で冷麺と
ギョウザを食べたことがあります。
「美味しい♪日本の王将と変わんない」
というところですが、ギョウザはほぼ同じ。麺は
現地仕込みなのでしょうけど、白っぽくて、細い
うどんのようでした。
 
近くの席にいた中国人の男性は、ラーメンに酢を
どぼどぼどぼっと注いで食べていました。

投稿: MORO.S.@岡山 | 2008年9月 7日 (日) 17時29分

四十肩はみんなそう言いますね。私の父は40もやりましたが七十肩もやってました。
あれは何かの動作で肩の辺りの腱板のどっかが損傷したり
そこに石灰みたいなのがたまるとか(素人知識です)
慢性的なものではないのでスッキリ治るんだと思います。
次にまたなる時は、また一から損傷するんだと…。
腱鞘炎はまた違って、使いすぎたら再発します。
1度炎症で変性した組織はなかったことにはできないのかしらね。

私も大学時代は京都で、千代原口の天一で食べてました。
アッサリ派なんですよ。実はコッテリは苦手で(^^ゞ
その頃はもう色々な地域に出店してましたが
今でも全国ってわけではないんですね。
岡山は倉敷店というのがあるとHPには載ってました。

投稿: kaori | 2008年9月 6日 (土) 17時05分

MORO.S.@岡山です。こんにちは。

>保冷剤は硬い時はうまく身体に沿いませんね(笑)

そう、そうなんです。話がスッと通じるのは、何だ
かうれしいです。

300gパックの保冷剤を折り曲げて冷凍してみまし
た。できた「V字谷」の谷底に親指を差し込んで
みようと。メキメキメキッと親指をめり込ませて、
なかなか具合がいいかと思ったのですが、あまり
に「冷え」がきつくて耐えられませんでした。

「四十肩」は経験済みなのですが、医者にもかか
らず、数ヶ月というものひたすら耐えていたら、
自然に治まりました。原因も何も私にはさっぱり
わかりません。再発もないですし、あれは何だっ
たのだろうという感じです。

ところで、私は学生時代に京都に住んでいまして、
天一はよく食べたものでした。大規模なチェーン
展開が始まる前で、まだお店が2軒ほどのころで
す。私の先輩にはあれを屋台で食べたという人も
いましたね。

クセになる味ですよね。私の学生時代には、刻み
ネギがザルに盛ってあって、好きなだけ入れられ
るようになっていました。

大阪に出かけたときなど、看板を見ると今も食べ
たくなりますね。岡山にもどこか南のほうにお店
があるようですが、行ったことがありません。


投稿: MORO.S.@岡山 | 2008年9月 5日 (金) 21時49分

>soyokazeさま
腱鞘炎は使わないときはナリを潜めているくせに、
ちょっと使い始めるとすぐに自己主張します。
これは治ったとは言わないんだろうなぁ。
今気になっているのは5箇所です。

>MORO.S.@岡山さま
保冷剤は硬い時はうまく身体に沿いませんね(笑)
だんだんマシになるのでしたら保存療法が奏功しているのでしょう。
四十肩は、よくわかりませんが、特定の動作が原因で、損傷したところに石灰化して
みたいなのでしたっけ?
腱鞘炎はオーバーユースが原因なので条件が違いますが
安静にできるのであれば同じように時間とともに鎮まることもあるのでしょうね。
ただ、指は自然に完治しましたが手首や肘はどこもすぐに再発しています。

投稿: kaori | 2008年9月 4日 (木) 22時17分

はじめまして。岡山に住むおじさんです。
「腱鞘炎ノート」、じっくり拝見しております。
私の場合は、今のところ左手親指だけで、発症以来
2ヶ月ちょっとになります。

左手親指に人並み以上に負荷をかけることというと、
私には趣味のギター以外に思い当たりません。もう
35年以上弾き続けてこうなったのだろうと思ってい
ます。ズキッとくるので、この2ヶ月の間は弾いて
いません。

趣味ならともかく、漫画家さんにとっては職業病で
しょうし、やめるわけにも行かないでしょうし、大
変ですよね。

「医者も人間」ということ、私も同感であります。
発症後に総合病院の整形外科を受診したのですけど、
待ちが2時間半! 診察は、
「どうしましたか?・・・あ、腱鞘炎ですね。・・・
塗り薬出しておきますからしばらく様子を見てく
ださい」
と、5分で終わりでした。
「この程度のことでいちいち病院に来るなよ」
と言わんばかりの対応。でも、私の後にまだ数十人
も待っている人たちがいましたし、車椅子で来てい
るお年寄りもいましたし、病院は大繁盛だが、医者
は過労死寸前かとも見えたものです。

その1度きりで病院には行っていません。

私が今やっている「治療」。
(1)インドメタシンのクリームを塗ってマッサー
ジ、1日1回。以前には早く治したい一心で日に何
度も塗っていて、肌がかぶれてしまい、今は1日1
回に制限しています。

(2)虫刺され除けのスプレーを吹く。単なる気化
熱の作用かと思いますが、スッとします。

(3)「足湯」から思いついた「手湯」。何となく
いい感じ。

(4)こちらの「ノート」を拝見して、冷やすのも
いいらしいと、早速「保冷剤」を冷凍庫で固めて使っ
てみています。今もPCの左手側、机の上に置いて
あって、ちょいちょいと親指を押し当てています。
患部にちょうどよく当たらないのが少々難点です。

発症直後の痛みがきつかったときは、レタスをちぎっ
ても痛いというほどでしたが、近ごろはマシにはなっ
てきました。「四十肩」みたいに、いつの間にか、
すっきり治るというものですかね。そうであってほ
しいですが。

ありがとうございました。
 


投稿: MORO.S.@岡山 | 2008年9月 3日 (水) 18時28分

ブログをみてくださってありがとうございました。
本当に医療は医者任せではいけませんね
実は元看護師です(苦笑)

私もステロイドを使い始めました
リンデロンです。
腱鞘炎に限りなく近いというの事ですが
陥入爪のフェノール法の手術でこれほど痛みが続くのが信じられません。
(爪が痛いのではなく指全体が痛いのです)
私みたいな例は時々あるそうですからどんな簡単な手術でもリスクがあるのだと実感しました
本当に勉強になりました
ありがとうございました。
その後腱鞘炎は治ったのでしょうか?

投稿: soyokaze | 2008年9月 2日 (火) 16時56分

はじめまして。ブログ拝見しました。
何にせよ、痛いと思いながら暮らすのはツライです。
ステロイドは私見ですので悪しからず(^^ゞ
効き方や副作用は本当に個人差がありますので。
ただ、医療は医者任せではいかんなーと言うことを
共感いただければありがたいです。

投稿: kaori | 2008年8月31日 (日) 13時03分

はじめましてそよかぜと申します
腱鞘炎で検索してこちらにたどりつきました。
私は腱鞘炎ではないのですがそれに近い症状なのです。
ブログでは細かく説明できませんし事情があって症状は伏せてあります。
こちらのサイトで大変助けていただきました。
ありがとうございました。
ステロイドは大変勉強になりました。
ありがとうございました

投稿: そよかぜ | 2008年8月28日 (木) 19時30分

この記事へのコメントは終了しました。

« ステロイドの前に | トップページ | 主治医という言葉 »