« 医師即ち人 | トップページ | マクドと病院 »

ステロイドの前に

突然ですがNSAIDs(非ステロイド性抗炎症剤)って知ってます?
いわゆるバッファリンとかロキソニン、カロナール、ボルタレンetc・・・解熱鎮痛剤として
発熱時から手術後、偏頭痛、親知らずを抜いた後…
と診療科に関係なくとにかくよくお目にかかる飲み薬の話なんですが。
自分的には痛み止めっていうイメージがあるのですが
以前から腱鞘炎とこの薬の関係が気になっています。というのはネット上でたまに
腱鞘炎で整形外科へ行って飲み薬をもらって来た人の記事を見かけるからです。
主治医の診察を受けるようになってから1度もこれを処方してもらったことがありません。
自分で勝手に、あんまり疼いて鬱陶しい時に家にあるロキソニン飲んだことはある。
頭痛と一緒で、痛みが軽減し薬が切れても元には戻らなかった。

それとは全く別に、痛み止め以外に「炎症を抑える効果があるから」ということで
抗炎症剤としてロキソニンを処方されたことがありました。
1日3回のロキソニンの用い方について、いつか聞かなきゃと思い、
先日やっとロキソニンの抗炎症効果について主治医に質問しました。
「急性の時は僕も処方することがある」と仰いました。
昨日やっちゃって腫れて痛くて痛くてえ、みたいな時は数日服用することで
治るまでの時間を進めることが出来る…場合がある、と。

腱鞘炎で整形外科へ行ってしてもらえる事は
湿布とステロイド注射と手術と装具の処方…とどこかに書いた気がしますが、もひとつ追加します。
効果のほど実体験はありませんが、でも自然に炎症が引くのを待つというのは
想像以上に大変なことです。手はどうしても安静にできないし、また使わずに生活できません。
薬の力を借りても急性期の症状をある程度叩くというのは合理的な気がします。
原因やタイミングなど色々な条件があるので一概には言えませんが。

|

« 医師即ち人 | トップページ | マクドと病院 »

治療ネタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。