« マクドと病院 | トップページ | ○○天神 »

主治医という言葉

 この言葉の定義はきっと、"ある病気を治療するにあたり治療方針を決める医師”というような意味でしょうが、自分のサイト上で使っている主治医という言葉は別の意味を持ちます
 何度も言うように、腱鞘炎に関して最初の4年は、色々な病院、東洋医学、整骨院をでたらめに渡り歩いていました。その間、まだ従量制だったインターネットでコストを気にしながら、腱鞘炎のことを調べたり、質問サイトのようなところで質問したりもしました。その中で何度も遭遇した文言がありました。

 「主治医とよく相談してください」「主治医の先生とよく相談しましょう」
 ……すいません、主治医って何?その時の私、ほんとにそう思ったんです。
 「主治医って誰?何を相談しろって?」

 手術から一週間後抜糸に行った時、先生に「で、どうする?」と聞かれました。私が紹介患者だったため、頼まれた手術をしたあと紹介元の病院に戻るか、引き続きここ(執刀医のいる大学病院)へ来るかという言う意味です。「来てもいいなら来たいです」みたいに答えたと思う。この病院は予約制だったので話しの区切りがついて先生が「はい、じゃあ次はいつにしよう」とデスクトップPCの予約画面を開いた時、その日の診療の終わりが告げられる代わりに来月の診察が約束される。そうやって診てくれる先生から少しでも何かを引き出そうと毎月通いながら、色々質問したり漫画の書き方や手の使い方について聞かれ、アドバイスを受け、実行してみて次回質問したり、毎回なにかしら話をしながら1年以上経った時、ふと思ったのです。
「ずいぶん通ってるなあ。あんなにいろんな病院を渡り歩いてたのがウソのようだなぁ。今の先生がきっと私の主治医なんだろうなぁ」と
 その時初めて自分の中に「主治医」って言葉の意味が降りてきました。「主治医」は病気を治療する人でも診察をする人でもなく、薬を出す人でもなかった。平たく言えば…何でも打ち明けられて(もちろん健康上のこと)、素直に話を聞ける人―――。

 先日、パーキンソン病(以下P病)の身内が新しい病院を受診するのに付き添いました。年輩のその医師は初対面から様々な質問で患者を暴き始めました。おそらく患者のこれまでの人生で、こんなにズケズケと無遠慮に会ったばかりの人に自分を分解・解析されたのは初めてでしょう。「あなたはどういう人か?」という調査みたいで、面接か取調べのようなよく言えば効率的なというか。患者は面食らってたけどね。でもまだまだ出だしの序章です。
 そしてその先生がやはり仰いました。 「どうする?」と。P病は進行性の難病で、全身性の症状を伴い、そして治りません。病気になった新しい自分で生きていくしかないのです。だから、患者と先生の人間関係も、これまで経験したことのないものになるでしょう。家族でも、職場の上下関係でも、同僚でも友人でも恋人でもない。P病の患者とP病を診る医師という関係。「どうする?」と聞かれ「来ます」と答えた患者はそのことをよく咀嚼する必要があると思います。
 自分は主治医との面会を重ねるうちにある時期ヘンな感情に襲われました。互いに共通の敵を相手にしている連帯感…のような感じ。病状の程度によって常に変わるのだけど。まぁこれは個人的な感想ですが、今日の記事はP病の身内に贈りたい。

|

« マクドと病院 | トップページ | ○○天神 »

主治医」カテゴリの記事

コメント

この神妙で謙虚な態度が実際に面会した時にも出るといいんだが(笑)←ワタシの話ね。
例のストレッチ器、散歩の前に伸ばしてから行くといいよ


投稿: kaori | 2008年9月26日 (金) 09時55分

この原投稿とコメント、それに対するRESを読んで涙が出たよ。
肝心のDAさんは、どう思ったのやろ? ニブイからね~!!

投稿: su | 2008年9月25日 (木) 11時53分

はじめまして。コメントありがとうございます。
私の経験が背中を押した形になり
それがプラスに転んで本当に嬉しいです。
ドケルバンは手術しないと治りませんね。
仕事しながら治すのは中々難しい気がします。
手術が上手くいけば翌日から生まれ変わりますからね(笑)
わかります。歯を磨いて感動って(^^)

でもやっぱり一番のお礼は、切ってくださったお医者様に。

投稿: kaori | 2008年9月 5日 (金) 20時18分

始めまして。突然すみません。
一言お礼が言いたくてコメント書いてます。
自分もドケルバン病と診断されて
ステロイド注射を打っても全く良くならず
どうしたもんかなぁと思ってました。

こちらをいろいろと参考にさせて頂き、
昨日手術を受けまして、
普通に歯を磨いたり出来ることに感動してます。

恐らくこちらを見てなかったら
うだうだと安静にして仕事にならない日々が
まだまだ続いていたことでしょう。

ちょっと文章にまとまりがないですが、
伝えたいのは一つ。
ありがとうございました。

投稿: やっくん | 2008年9月 5日 (金) 00時28分

この記事へのコメントは終了しました。

« マクドと病院 | トップページ | ○○天神 »