« 神棚の思い出その2 | トップページ | 厄介な外側上顆炎くん »

発熱と腱鞘炎

「熱が出ると腱鞘炎が悪化する」
って経験されたことある人いませんか?

私はよくあるんです。インフルエンザに限らず熱が出ると全身の筋肉が痛くなるんだけど
中でもそれまで腱鞘炎で痛めた箇所、それに関連する腱、関節辺りが痛み
時には熱が下がってもずっと痛くて、治りかけてたところもフリダシってことも
よく知らないけど、体温は筋肉で作られると聞きます。
筋肉中のミトコンドリアでATP(アデノシン3リン酸)とかいうのが作られるんだったか(高校生物Ⅰ ^^;)
熱発っちゅうのは体温上げて病原体を殺そうとする体の免疫反応なわけで
体は熱を作るために筋肉細胞をいつも以上に活動(振動?)させているらしい。
だから引っ張られて腱が痛いのか?
腱鞘炎も発熱も炎症だし似たようなものだから
熱発で患部が刺激されて炎症が活発になってるのか?

余談だが、発熱にはブドウ糖と水が使われるので、私は熱が出ると即
食べ物の好みが変わります。甘くて水っぽいものが欲しくなる。
よくこんだけ熱が出たらいっぱい燃焼して、しかも食べれなかったから痩せただろうって言う人いるけど
使われるのは糖とかグリコーゲンなので2~3日高熱出ても痩せないですよね(笑)

|

« 神棚の思い出その2 | トップページ | 厄介な外側上顆炎くん »

腱鞘炎総論」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
削除しないで下さるんですか。すみません
5日にデケルバンと母指腱鞘炎Wオペしてきました。
開けてみたら、デケルバンではなく、周囲の関節炎からの炎症で
腱炎とその癒着だったそう
腱鞘をカットしたのかは不明(次回の診察時に話してくれるのかな?)
母指腱鞘炎はあまり酷くないけど、関節炎の方が酷いと腱鞘カットして下さいました(汗

最近は、モイストウントヒーリングが術後にも適用されるようで、
抜糸まで消毒無し。
ゼリー?グミ?みたいなぷにぷにした透明のシートを傷口に貼り、
防水シートを保険(当てにしないでね!だそうですが)で貼って、ガーゼをクッションに重ねてから、エラスコット固定。(関節炎が酷かったからなの固定なのか、使うなを守らないと信用されてないから固定されたのか。。。)

親指を曲げると、痙攣してしまうので一寸心配ですが、手術そのものは無事に終えました。
手術中、脱臼してるよ。。。の言葉が気になりますが。。。

私も、さくらさんのように、手術してよかった!と言える結果でありますように!とは思います

また、よらせていただきたいと思います

投稿: まりん | 2008年11月 7日 (金) 12時10分

はじめまして。コメントありがとうございました。
熱発と腱鞘炎関係ありますよね。

手術はね、考え方から揃わないと満足できないんだと思います。
私も、リスクよりまともな生活と仕事を選んだクチです。
またリスクの説明ばかりする門外漢も多いのですよ。無責任な話です。
削除はしなくてもいいですか?せっかくいただいたので

投稿: kaori | 2008年10月24日 (金) 08時08分

はじめまして
別の故障から、腱鞘炎を併発して、発症より約半年ですが、手術をします。
親指の手首と親指付け根をWで
手術費っていくらかな~くらいで検索していたら、こちらに出会いました。
とってもわかり易いですね!良い情報を有難うございます。
熱発すると、腱鞘炎悪化ですが、私もしてます。
主治医に聞いた所、炎症を沢山抱えている人は起こり易い傾向にあるとのことでした

私はVn弾き(指導が主ですが)で、故障したら安静しても悪化の一途でした。
ステロイドは腱をもろくするから、もう打ち過ぎだし、そろそろ手術しようよ!と
あっさり、手術で楽になるなら御願い!で決めてしまいました
私は、手術7回目(多種多様の病歴で)なので、ちっとも心配してなかったので、桜さんに辿り着いた時、正直、皆さんこんなに悩むんだ。。。私悩んでないよ。
痛い、動かないは悩みましたが、手術が怖いとかリスクとかをそんなに考えるんだ。。。と
リスクは付き物なので、私は痛みと引き換えに出来るかを説明を聞いて判断します。
このままだと仕事も日常生活も厳しい、リスクを考えても仕事はヤバイですが、現状を続ける気は無い。
即答でした。御願いします。仕事の調整してまた返事します。であっという間に、一番早い先生が手術してくださる日を決めました。
本当に人それぞれなんだな!と思いましたが、不安に思う方には、凄くためになります。
不安でなかった私も、凄くためになりました。
有難うございました
長文ですので、お読み頂けたら削除を御願い致します

投稿: まりん | 2008年10月23日 (木) 10時02分

こんにちは~ 
お久しぶりですっ。ついに手術になっちゃいましたか~。
いやもう、この際スッキリしちゃってください。
毒を食らわば皿まで!
当たるも八卦当たらぬも八卦!
聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥!
ってデタラメに自分を景気づけて臨みました…私の場合。
とりあえず「次へ行ける」のです。がんばってくださいファイトー
陰ながら応援しておりますっ。

投稿: kaori | 2008年10月15日 (水) 10時20分

こんにちは!
以前、少し書き込みをさせていただいたことがあります。
腱鞘炎ですが、気を抜いて痛みがひどくなって注射(ケナコルト)で痛みがマシになって、また気を抜いて痛くなって…この繰り返しでしたが、今度手術をすることになりました。
ちょっと不安ですが、前向きに考えようと思います。
手術は来週…がんばりますヽ(´▽`)/

投稿: ぼびぼび | 2008年10月14日 (火) 18時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« 神棚の思い出その2 | トップページ | 厄介な外側上顆炎くん »