« 手の外科専門医名簿 | トップページ | 腱鞘炎 手の外科 病院 »

腱鞘炎の「心・技・体」

相撲ではないけど「あると思いますっ」

【心】とは腱鞘炎になりやすい性格のこと
例えば…すっげー凝り性、途中で止められない、人に物を頼めない、など

【技】とは腱鞘炎になりやすい仕事のこと
例えば…手を一定の姿勢に保つような仕事、道具を握る、人や物を支える、鍵盤を打つ、など

【体】とは腱鞘炎になりやすい体質のこと
筋肉がない、靭帯が緩い、血行が悪い、など

これらが不幸にして全部重なった時に腱鞘炎は発症するのだと、最近思うのです。
だから、同じ仕事でも、同じ時間同じことをしていても、他人と比べてもしょうがない。
でも自分の事はなってみて初めて知るわけで、病気は自分に対して
「おまえは人並み以上に凝り性だ」とか「靭帯が緩い」とか警告して来たのかもしれない。
ありがたいけど、別にしなくていいから、逝ってください。

|

« 手の外科専門医名簿 | トップページ | 腱鞘炎 手の外科 病院 »

腱鞘炎総論」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。