« 腱鞘炎の「心・技・体」 | トップページ | 手が痛い…と »

腱鞘炎 手の外科 病院

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/jitsuryoku/20070806-OYT8T00215.htm

2年前の読売新聞の記事です。「手の外科」について紹介しています。桜の薀蓄とは違い、端的に手短にまとめられています。さすがにプロの記者が書いた記事です(笑)
それにしても、わざわざ新聞記事になるほど、手の外科というのはまだ充分には認知されてはいない、と言うことでしょうか…。
ページの下の方に、全国主な病院の手術件数の地域別リストが載ってます。
また、手術件数は以下の分野に分けられて掲載されています。
・骨折・脱臼・じん帯損傷
・末梢神経障害
・炎症性疾患
・腫瘍と類似疾患
これは病院や担当する医師によって得意分野や、方針があることがわかります。例えば、総件数に比して、炎症性疾患の件数が極端に少ない病院は、炎症性疾患に手術適応はないという方針なのでしょう。

さて、リストには私が通っていた病院も乗ってます。まだN先生がいらした時のデータなので、もしかしたら先生お一人の実績?(いやわからんが)。今あの病院にはDr.Nクラスの手の専門医はいらっしゃらない筈です。病院の方向転換や人事によって、診療内容は規模縮小に舵を切り、力を入れる方向も変わってしまいました。いつも言ってますが人を診るのは病院ではなくお医者様ですから、病院のデータはあまり信用し過ぎないよう、参考程度になさってくださいね

|

« 腱鞘炎の「心・技・体」 | トップページ | 手が痛い…と »

医師・病院」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。