« よくわかる?CM関節症 | トップページ | プチショック »

注射どきⅡ

今回の注射はトンネルでもなく腱付着部でもなかった。強いて言えば
…腱の途中?
長~い腱の途中の5cmくらい…(@_@)
どうするのかな~と思ってたら、「大丈夫。つたって行くから」って
見てたら7cm×2cmくらいのカタチに皮膚が盛り上がっていく。
途中が痛いってどうゆーことかいまいちわかんないんだけど、注射は効いた。
今回の薬はリンデロン。そんなに悪くないので「基本に戻って」(主治医談)水溶性ステロイド。
そんなに悪くなかったから?これで効いた。
以前から言われてるんだけど、注射もあんまりひどくなる前にした方が
効果が顕著なので、早目がいいみたい。
結晶性のステロイドは何かとリスクがあるし。(これについてはあとで)
しかし、水溶性が基本なのか。ほんまか?
それにしてもいつもながらこの人の注射は痛くない。
構えがないのよね。ブッ刺す前のこわばりみたいのが。
鍼灸とかも、鍼を抜く時新人が恐々やるとかえって痛かったりする。
最近ねえ、先生が注射の後で自ら暫く押さえたり、揉んだりってなんかサービスいいのよ…。さすが自称水商売(笑)。
昔はそのビジュアルならホストやれるよって思ったこともあった。(性格的に絶対無理!)


【補足】結晶性ステロイドは長く留まってその間仕事をする、と以前書いたことがありました。(08/3/20参照)
それについて補足ですが、そのことは間違いではありませんが、ステロイドの結晶は仕事をしなくなっても残っているそうです。
随分経って手術に踏み切った時、開けるとそこに結晶が在るのを目の当たりにすると。(主治医談)
結晶性ステロイド(持続型ステロイド)は打った後、結晶そのものが異物として炎症を引き起こし非常に痛みますが、
まるでその痛みが腱鞘炎の痛みを連れ去るように徐々に効いて行きます。
免疫を抑えるのです。その効果が切れたとき、残った結晶がまた炎症を誘発する因子となる可能性があります。
注射は2回まで、と言う一般論はそういう意味なのかもしれません。
(よく、腱鞘炎の注射は2回まで、それで治らなければ手術、という記載をネット上で見るので)
持続型ステロイドの中のどれがより残るのかとか、どれも一緒なのかとか、そういう詳細は不明ですが。

|

« よくわかる?CM関節症 | トップページ | プチショック »

ステロイド」カテゴリの記事

コメント

10年ほど前、水溶性のリンデロンを月に1回、計10回ほど打ったことがありました。特に何かの変化や実害は出ませんでしたが、この話を今の主治医に言うとちょっと顔をしかめてました^^; あまり褒められた行為ではないようです。
水溶性であろうが、結晶型であろうがステロイドを打ったからって治るわけではありません。炎症を抑えたあと、自分がどう使って行くかというところが大切です。私が本当に「治った」とみなしているのは手術した所だけです。またいつでもそうぞ。

投稿: kaori | 2009年4月 1日 (水) 00時28分

以前もドケルバンで相談したものです。水溶性なら何度か打っても大丈夫ですか?わたしは五回打ち、かなりよくなりましたがいまだに完治はしていません・・・。今はCM関節症も症状があてはまります。また相談させてください。

投稿: くまこ | 2009年3月31日 (火) 10時03分

この記事へのコメントは終了しました。

« よくわかる?CM関節症 | トップページ | プチショック »