« 腱鞘炎 手の外科 病院 | トップページ | ケナコルト販売中止 »

手が痛い…と

人が感じ始め、気にする、不快感に悩む、ネットで調べる、病院に行って見る…
など、自分の手に異常を感じて何某かの行動を始める時期が大体判って来た。

多くの人が検索などで腱鞘炎ノートにたどり着いて
「これでいうと私の症状はレベル2から3の間」と言うのである。
症状のページの自己診断リストの話である。(もちろん大変な状態になってから来られる場合もある)
使ってる時に痛いのがレベル2で、使い終わってからも痛いのがレベル3。
2と3の間ということは、使った後もしばらく痛いがだるさや重さの長引く症状がない…くらいか?
ようわからんが
2の時点というのは痛みはあるがまだ本格的な炎症が始まってはいない
体液が集まってきて、血行が悪くなって、疲労物質などの代謝が悪くなってる。
浮腫みや腫れは出てくる。凝りとかそういうこともある。
どこが痛いと問われると「ここ」と言えず「この辺」としか答えられない
ポイントで一瞬痛いことがあっても圧痛がないので、どこが痛いのか確認できない。
3は「この辺の痛み」がずーっと続く場合なんだけど、広範囲な症状の中に何かしたら痛いという
ピンポイントな場所があればそこはもう炎症になってる
その場所に圧痛がある
でもこの境は曖昧で、自分で間と言ってる人の中にはもう立派に炎症に至ってる場合もあると思う。

この時点では整形外科でできることは湿布くれるくらいだ。
だからみんな結構がっかりして帰って来るんだけど、まぁこれはいたしかたない。
湿布の次はステロイドだから、中々そこまでは行ってないし。
ただこの湿布が良し悪し。貼るとヒンヤリ気持ちいいし、少し痛みも引くから効くぞ~と思って過信する。
多くの人は貼ってたら治ると思って
そのまま同じ作業を続けてしまってどんどん進行させてしまう。
敢えて言うけど、ここへ来た人でレベル2とか3って人は、体の違和感や痛みが
大事な警鐘を発してるってことなのね。
腱鞘炎に限ったことではなく、病気になるってことは
それまでの生活の何かを変えなければならないという事なの。
働く時間を減らす、持ち方を変える、使い方を変える、生き方を変える、考え方を変える…。
変えるのは自分でお医者さんじゃないから、この時期のお医者さんは具体的には何もできない。
せめて考え方を変える必要があると教えてくれれば。
でも多くの患者は「休めないんだよっ!」って言うんだろうなぁ。
この時期はほとんどのお医者さんが「まだ大した事ないよ」って言うのよ。
「長く仕事したかったら今のうちに用心しときや、エライ目に遭うで」って
言ってあげられるのは私だけかしら?
今日貴方は、どうやってここに来ましたか?なぜここを読んでいますか?
検索窓に文字を入れた貴方は今日から何かを変えましょーね

↓この記事にそうだそうだと思ったらポチっとお願いします^^

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 病気ブログ 手足・腕・膝の病気へ
にほんブログ村

|

« 腱鞘炎 手の外科 病院 | トップページ | ケナコルト販売中止 »

治療ネタ」カテゴリの記事

コメント

桜さんの日記で希望が持てました。
有難うございます。
個人の整形外科では、桜さんが描いているような指に巻きつけるタイプの装具。(そう言えば、装具の証明書貰えなかった。)
あと、弾性包帯で、両手ともグルグル。(楽にはなるのですが、勧進の食器を洗う時に、ひどく汚れるし、夏の暑さにあせもになってしまいは。はずしてしまいました。
現在、大学病院で渡されたものは、親指の根元までシリコンで出来ており、手首に巻き付くベルクロ(マジックテープ)は、伸縮性のあるものです。
処方されたのは、塗るタイプの痛み止めです。
考えて見たら、貼るタイプの物は汗で剥がれてしまうし、親指にピッタリした形なので貼るタイプの物は指が入らなくてなってしまいます。
手に負担がかからず、そしてシリコンと伸縮性で肌色のベルクロなので、目立たないので助かっています。


投稿: R34 | 2012年9月29日 (土) 08時25分

はじめまして。おそらく更年期からくる腱鞘炎とばね指に苦しむ主婦です。こちらで色々勉強させてもらいまた苦しみを共感でき癒されています。感謝です。
日々悩みながら調べていたら福岡の木村専太郎医師の木村マジックというものを発見しました。
麻酔と注射針で5分で完治だそうです。
受けてみようかとてもとても迷っています。
桜さんはご存知でしょうか。

投稿: うーちゃん | 2012年3月17日 (土) 15時36分

o(;△;)oはじめまして!
桜さんっ。この腱鞘炎ノートは、まるで自分のことを書いてあめかのごとく共感できる部分が多く
びっくりしました。痛みに長年苦しんでいますから、少しでも心情を理解して受け止めていただける
のがとても支えになりました。
私は、手の腱鞘炎ではありませんが慢性的な両足の腱鞘炎・骨の疾患に苦しむものです。
整形では、さんざんな目に有って来ました。桜さんと同じく不安に押しつぶされ、人の不理解へ怒り、医療への不信、やがて少しの希望、医師の支えや理解と喜び、
家族への感謝、自己責任…感情は一巡した者です。20年ぐらいお付き合いしてこれからもずっーと続きます。
誰かに、痛みを分かってもらいたくって時々気持ちが折れてしまいそうになることもあります。
私は、今実家の関東から離れ九州で暮らしています。関東には、本当に信頼できる担当医がいますが九州には
そのような先生に出会えていません。とても、虚しい不安定な心情にかられることも多いです。
そんな最中の桜さんの腱鞘炎ノートはとても役立ちましたし、ココロのモチベーションの有り方など
勉強になりました。これからも腱鞘炎ブログその後の桜さんをヨロシクお願いします。

投稿: m9ry | 2011年11月10日 (木) 19時49分

メールアドレス欄に記載したのですが
出ないようなのでこちらへかきます
nagomi7575@mail.goo.ne.jp

投稿: kana | 2011年4月30日 (土) 00時45分

kanaさん>
長らく放置ですいません。
最後の投稿、アドレスがリンクされてないのですが。
私のPCでは出ないのかな?

乱文はお気になさらず
お住まいは関西ですか?

投稿: 桜 | 2011年4月28日 (木) 13時13分

アドレスです

投稿: kana | 2011年4月24日 (日) 22時09分

桜先生へ
はじめまして
腱鞘炎?1年、オペを考えてます
が、主治医のDr.N先生を紹介いただけないでしょうか
個人情報なので詳細は部ログ上でお名前等かくのは
難しいかもしれないのでアドレス宛にいただけると嬉しいです
手が痛いため乱文用件のみで申し訳ありません

投稿: kana | 2011年4月24日 (日) 22時07分

長らくコメント放置で申し訳ありませんでした。
その後いかがですか?ってもうご覧になってないかなあ…。
書店は手を使いますよね。私などは自分の読書さえままなりませんから。
かなりお仕事ではムリをしないといけないでしょうね。
腱鞘炎は、手に詳しいお医者さんでも、余り真剣に見ないと、私の主治医もおっしゃっていました。
まあ、診てもあんましすることもないのですが。
主治医が面倒見がよかった理由は今となってはわかりません。
若さゆえの好奇心だったのかもしれません(笑)
装具や注射は数少ない治療項目です。それらがない病院など行っても仕方ないです。
しかし、やっぱり今でも腱鞘炎にまるで疎い先生はいっぱい居るんですね。
そうです。人生が変わってしまいます。ある意味新型インフルエンザよりよほど深刻かもしれないのに。

投稿: 桜 | 2010年7月20日 (火) 17時34分

桜さん、はじめまして。私の言いたいことがたくさん書いてあり(腱鞘炎は重くみられていないなど)、とてもうれしかったです。
両手が腱鞘炎になって4ヶ月。
病院に行っても「手を休ませて」と言われ、シップしかだしてもらえず・・今は接骨院で治療していますが、限界が見えてきました。

病院も三箇所行きました。個人医院:シップのみ→手の外科?:原因不明。休ませること。→総合病院:休ませること。痛み止め。
サポーターも、注射もしてもらえませんでした。動かないくらい、ひどくならないと無理なのでしょうか??
(ようやく最後の病院で痛み止めはもらえましたが、ほとんど触診もなしだったので不安!!)

仕事は、書店なので、パソコンに本と手首を良く使います。
「手を休ませること」が一番の治療なのはわかります。
やはり、仕事を辞めるしかないのでしょうかね。
腱鞘炎は生活までも変えてしまう恐ろしい病気ですね・・・・。

投稿: はる | 2010年6月23日 (水) 12時15分

桜さん、コメントありがとうございます。

先週の水曜日に軽く動かしただけで激痛が走ったので、週末に同じ病院へ行ってきました。

症状を簡潔に伝えてサポーターの購入を考えていると言うと、「そんな悠長なことは言ってられませんね、注射と飲み薬で短期にやりましょう」と、私の「副作用は?」との問いに対して先生がむにゃむにゃ説明している背後で看護婦さん達は注射の準備。

有無を言わさずとはこのことでしょうか。でも注射と飲み薬の効果は日が経つ毎に現れ、今では仕事にほとんど影響しない状態までになりました。

注射から2~3日後に、デケルバンより甲側の腱が痛くなったこともありました(知らず知らずデケルバンをかばってしまうのですかねぇ?)が、今日は大丈夫です。

PCの使い易さを考えて、サポートの強くないサポーターを購入しましたが、あまり効果なかったです。周りの人に、手を痛めているんだというアピールにはなりましたケド (^^;

現在痛みは大変やわらいでいますが、腱鞘炎が治ったわけでは無いと思いますので、しばらくのあいだは手首に負担をかけないように気を付けます。仕事のストレスも溜めないようにしないといけないですね。

どうもありがとうございました m(_ _)m

投稿: R33 | 2010年2月17日 (水) 22時07分

レス遅くなって申し訳ありません。
最近あまりコメントをチェックしてませんでしたので。
四十路半ばというのはおっさんなんですかー、そーですかー…_| ̄|○(笑)

打撲から腱鞘炎に至った人もいるので外傷性の腱鞘炎というのも有り得るように思いますね。
靭帯を痛める代わりに腱鞘を痛めてしまうのかと。
加齢により腱や腱鞘の柔軟性が損なわれてくると傷つきやすくなるのかなーなんて素人考えで思います。
女性の場合は明らかにホルモンの関係で柔軟性が損なわれるらしいですけど
男性もあるのかしら??

鬱と腱鞘炎はなぜか併発する人がわりといるみたいですよ。
性格的に手を抜けないとか抱え込みすぎるとか、人に頼めない、などの共通点があるようです。
もし普段のお仕事でも、無理をしている感じがあるのなら適度に抜くことを意識されてください。
でも、お仕事で手を使われてきたということですが、その間に使い過ぎでだるくなったり痛んだりしたことがないなら
今回のはそのバスでの一件(と身体的な条件)だけが発症の原因という可能性もありますよね。
長い間の蓄積による腱鞘炎と、急激な負担による腱鞘炎は治り方が違います。
急性のものの方が後腐れなく治ると思います。
まだ12日ということですから、暫くはお仕事の能率が下がるかもしれませんが、今用心していれば私が腱鞘炎ノートで書いてるようなグダグダなことにはならないはずです(笑)
1ヶ月単位で目に見えてよくなっていくようなら良い兆候です。

炎症中は痛いことは避けて患部を安静にしないといけないので
工具などの作業で痛い時はテーピングでも装具でも効果のありそうなものはなんでも試しましょう。テーピングは続くとかぶれるかもしれないので、着脱自由な装具はその点便利です。
でも、装具には伸縮性がないので長時間着けていると関節が硬くなったり、動かさないことで血行が悪くなって回復を遅らせます。
必要な時だけ使って後は外す、老眼鏡的な使い方がいいと思います。3時間以上着けっ放しはダメです。
何を着けても痛くて仕事にならんというならやっぱ注射打った方がいいのでは?
注射である程度レベルを落としてから、装具やテーピングで庇うのがいいです。
痛くないことはやってもいいと思います。

投稿: 桜 | 2010年2月11日 (木) 15時37分

桜さん
はじめて書き込みさせて頂きます。R33と申します、四十路半ばで腱鞘炎12日目の新米のおっさんです。

12日前の通勤バスの中、私は立っていてシートの肩にある取っ手?に軽ーくつかまっていたところ、大きく揺れたので、足で踏ん張ることが出来ずに倒れそうになったので、急いで取っ手を握り締めたんですが、グキっと右手首を反る方向に捻ってしまいました。

そのときは痛かったんですけど、仕事(電気・電子系エンジニアでPC多用)は差し支えなかったので、そのうち治るだろうと放っておきました。

ところが、2日後から手首を曲げると痛くなり、土日に手を休めても悪化する一方でしたので、靭帯でも痛めたのかなあと不安になり、家の近所のご年配方で行列の出来る整形外科へ行きました。

さすが人気のある先生、一目見るだけで「親指を握りこんで・・・」とFinkelsteinテストをおこなって、痛いでしょう? 確かに激痛でした。「これはデュケルバン症と言って、人の名前が着いているくらい有名な症状なんです。しかも厄介なことになる患者さんも多いんですよ」とおっしゃられて、ガンダムちっくなサポーターまで見せてくださって、超びびっているわたしに気付き、「とりあえず湿布で様子を見ましょうか」と。

仕事柄、PC、ドライバー、半田こて等工具の使用は欠かせないので、現在非常に不安です。今のところPCはなんとか痛むことなく使えていますが、コピペでのCtrl+InsetやShift+Deleteはきついので、Cntrl+C/Vなど一般的な方法へ変更しないとね。工具類はまだ使っていないので不安でいっぱい。ドライバーを強く回せるかなあ?

桜さんの腱鞘炎ノートで大体腱鞘炎のイメージをつかむことができました。このようなサイトを作っていただいて本当にありがとうございます。テーピングは大変効果ありますね(はがす時痛いけど→中2の二女がはがしたがるので大変(^^;)。貼り方の説明、参考になりました。

以下、私の環境要因です。このような危険因子がベースにあった上で、上記のバスでの事件がトリガーとなって起こったんでしょうね。
1.身体のベースとして、スポーツなど一切しないため筋力が弱く、柔軟性も他の人より劣っているでしょう。
2.心理的ベースとして、ストレスの多い職場で、鬱を患ったことあり。鬱は治ったが、不眠症が後遺症のように残っている。熟睡できていないので、成長ホルモンの出が悪く、回復力が衰えている?
3.パソコンで設計書から設計計算、回路図CAD&シミュレーション、データ整理、議事録、長文メール、などなど会社でPC漬けになっている。
4.バイクが趣味なので、左手はクラッチ、右手はアクセルとブレーキ。腰への負担を減らすためにたまにハンドルへ体重を移動することあり。当面はバイクに乗らないことにする。
5.2年半前に重いものを持ってぎっくり腰になる。(今は少し腰痛が残るだけで問題ないが)

以上です。
感想・注意事項などコメントいただければ嬉しいです。

投稿: R33 | 2010年2月 7日 (日) 09時12分

実際には非常に細かく診ます
グーパーで治ったらそりゃーいいんでしょうが
そうは問屋が卸さないのが現実で
そうだからぼくら専門職がいるのだと思います。

まずはだまされたと思って肩や腰や胸などのストレッチからはじめてください。
たかが腱鞘炎でも実は体の中心から繋がっています。

今日はこの辺で。

投稿: ムー | 2009年4月 7日 (火) 01時42分

整形の出番じゃない段階では特に、運動療法が効果的だと思います。私も最近それを実感している所です。
ただ素人が自分で、今は休める時、今はリハビリ時、という判断は難しいです。(何度も失敗しました)
誰か私の代わりに私の体を判断してって言いたくなりました。残念ながらそういう方とはご縁がありませんでした。
断片的なアドバイスを総合して、自分で失敗しながらリハビリ中です。最初はグーパーからはじめました(笑)

投稿: kaori | 2009年4月 1日 (水) 00時20分

リハビリテーション・運動療法は受けてないのでしょうか?
自分は専門職ですが、腱鞘炎、ドケルバン病、外側上顆炎などを運動療法で改善させた経験あります。
誤った手の使い方を正します。正しい使い方(量ではなく質です)にすれば局所の負担がとれ、炎症、痛みはだんだん引いてきます。

投稿: ムー | 2009年3月29日 (日) 21時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 腱鞘炎 手の外科 病院 | トップページ | ケナコルト販売中止 »