« 治るのか治らないのか | トップページ | CM関節症の手術療法 »

力学的に箸に注意

「せんせ~、お箸とトングってどっちがCM関節に負担ですか?!」
と小学生のような質問をする。自分で使ってみりゃわかるだろっ?
いや、使ったんだけどね。どっちもどっちだったのよ。
コープの通販で買った、先がシリコンの可愛いトング。
これは力学的、解剖学的に専門家の意見を聞いておこうと…。ていうか物理苦手。
力学、はぁ??なの。力とか電気とか、頭に絵が浮かばないものは理解できないの。
理解する時はいったん関係を図に置き換えられた時だけ。
話戻します。お箸は先が細い、トングは先が広い。よってトングの方が力はかからない。

は~なんか習ったっけね。圧力と接点の面積の関係。
でもうちのトング疲れるんですけど、と思ったがもう一つ条件があった。
握りの甘い(ばねの緩い)トングを使えと。なるほど。…ってそんなにバネの強さって色々あるのか?
でもお箸もほんとうにヤバイのよねえ。料理中は特にスピードも要求されるし。
なんとかしなきゃなのでとりあえず見に行ってくるべ…。(どっこいしょっと)

LOFTに来ました。フンフンいくつかぶらさがっとる。いろいろお試し。
お~あるじゃんっ!緩い緩い。メイドインチャイナ1580円(たけえな・・・)
なかでも一番手前に下がってるヤツ、みんなに試されてるせいかひときわ緩い。

あなたこそ運命の人!
靭帯ゆるゆるの私のための、ゆるゆるの君。
ここでみんなに握られながら私を待っていてくれたのね…(お買い上げ)

…これに比べてうちのシリコンのトングはなんて無駄に堅いのかしら。
なんにも掴んでなくてもすごい抵抗。閉じるだけで筋トレじゃないですか。
せっかく黄色くて可愛いのに…(シクシク)
よかった、あんまり使わなくて。新しいの買って。これで多くの問題が解決。
早速今日から運命の人でお料理。
本日はお茄子4本を半分に切ってフライパンで焼きましょう。そのあと煮ます。

がっ!
運命の人もただ優しいだけではなかった。
お箸って脇を締めて使うサイドスロー。でもトングって肩を上げるオーバースロー。
なんのこっちゃ?
つまり、計8本の茄子をつかんでひっくり返して、を何度も何度も繰り返してると

肩が…おかしいっ!!(またかよ…)

あたしの(長い)人生で使ったことのない動きだった_| ̄|○
ま、基本裏返すのは一回のお肉焼くとか、つかんで離すだけの盛り付けにはもってこい。
上手いことつきあっていくわ。

ってくだらない記事ですんません。とりあえず今日の結論は
CM関節症にお箸は悪い、製品には色々ある、運命の人は自分で見つけろ、でした。。。?
こないだ聞いたCM関節の手術の話、しなきゃなのにこれじゃいつになるやら…。

|

« 治るのか治らないのか | トップページ | CM関節症の手術療法 »

CM関節症」カテゴリの記事