« 力学的に箸に注意 | トップページ | お医者さんのキャラ »

CM関節症の手術療法

いや、手術の予定はありません。
何年か前、主治医と関節形成術と関節固定術の方法の話をしていた。
あの頃よく、自分のこととしてではなく一般論として色々な技法を紹介してもらって、混んだ外来で時間を気にしながら普段聞けない業界の話が聞けるのがとても楽しかった。
先生が「60才前後になると変形がひどくなってそういう患者さんもいる」と仰ったので、私は自分がその年頃になった時、今よりCM関節が悪くなって手術が必要にるかもしれないと思った。
その時誰に手術してもらうんだろうって考えて
「その頃先生は現役じゃないですよねえ」なんて言って、主治医の目を丸くさせたことがあります(笑)
この先いつまで主治医を受診するんだろう、外科医はいつまでメスを持つんだろう、私はいつまで腱鞘炎で悩むのだろう、CM関節は一生治ることはない…ってちょっと遠くに目をやって思わずそんなことを言ってしまったのがもう、5年も6年も前のことです。

最近久しぶりにCM関節に痛みが出てきて、この時のやりとりを思い出し手術のことを聞いてみた。
関節形成は自前の腱(前腕にある1本)を抜いて来て、靭帯の再建とクッションに使うもので、関節固定はぐらぐらするCMを動かないようにしてしまうものです。(すいません、ものっすごい大雑把に言ってます。ていうか大雑把にしか理解していません…(´_ゝ`); 
その大雑把な理解によると、けっこうリスクの高い手術だなぁと。
CM庇うだけで一つ先の第二関節(MP甲側)が原因不明の痛みを発症してた自分からすると、CM全く動かなくしてそっから先の関節だけで物を持つ関節固定術なんて有り得ない。
靭帯再建も、あとあとギプス固定が続いたら確実に反対側の手が同じ病気になりそう。
先生の見解は「あまりお薦めはせんけど」です(苦笑)

東京大学のサイトで詳しく解説したページがありました。みんなが同じ方法をとるのかどうかはわかりませんが。
http://www.u-tokyo-ortho.jp/examination/disease/hand/hand_02.html

途中ページにリンク張っちゃってよかったのか?まいっか、天下の東京大学だしw(意味不明)
ここの術前のレントゲン、軟骨が完全になくなってる。私は軟骨はあると思う。
でもこれと同じくらい上の骨が外側に滑ってるかも。

|

« 力学的に箸に注意 | トップページ | お医者さんのキャラ »

CM関節症」カテゴリの記事